So-net無料ブログ作成

リミットレス [洋画サスペンス]

limitless.jpg


原題:limitless
日本公開日:2011年
製作国:アメリカ
監督:ニール・バーガー(Neil Burger)
主演:ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)



これもパケ裏面で心くすぐられ、共に家路へ。

なかなかおもしろい作品でしたよー、

あっという間に観終わってしまうくらいさっぱりとしていてグッド!



ざっくりとした内容は、

主人公のエディ(ブラッドリー)は、ニューヨークに住む売れない作家。

しかも恋人から別れを切り出され、さらに執筆に集中できない状況に。。。

そんなスランプ中に街で偶然元カノ(学生時代付き合っていた子)の弟ヴァーノンとばったり。

彼は製薬会社勤めでエディの状況を聞くと、新薬を勧めてくる。

それを飲むと、通常30%しか機能していない脳を100%機能させることができるという。


エディは疑いながらも物は試しとその薬を飲むと、

一晩で本を一冊書き上げてしまう、しかも内容は編集者が興奮するほど!!

新薬の力を実感したエディはさらにその薬をもらおうとヴァーノン宅へ向かうが、

ヴァーノンは遺体となっていた。


偶然エディは新薬の大量の在庫を発見し、それを服用して株投資で一儲けする。

エディの手腕に目を付けた著名投資家カールは、大型投資案件の話を持ちかけるが、

そのころ新薬の在庫がなくなりそうに。。。


新薬の在庫がない状況をどう打破するのか?

カールと共同の大型案件は無事成功するのか?



という感じでしたね。

これはハッピーエンドなので、観終えた後も気持ちスッキリできました。

いやあ、半年後くらいにもう一度観たいかもww






そして、な、な、なんと!

アメリカでドラマ化されているんですね!!

しかも長編(13→22エピソードに延長)っっっ!!!

ふむふむ、ドラマ版も気になりますね。




総評(10点満点)
設定  :8
話の展開:6
ワクワク:6
ウルウル:2
わはは :4


ではでは

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

複製された男 [洋画サスペンス]

enemy.jpg


原題:enemy
日本公開日:2014年
製作国:カナダ、スペイン
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)
主演:ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)



これはパケ裏面の説明を読んで、ビビっときましたねっ!

久しぶりに「心くすぐりそうな内容の新作だー」と興奮しながら、急いで家へ。

(わくわくしながら観始めてエンドロール中)
な、なんだこれは。ここまで腑に落ちないというか不完全燃焼というか。。。

そして、あのクモなに????? って思う終わりかたです。

とにかく悪い意味で印象に残る内容でした(遠目)


主演のジェイク・ギレンホールが2役を演じています。

1、アダム   → 歴史の教師で、倦怠気味な恋人と質素で刺激の少ない日々を過ごす

2、アンソニー → 映画俳優で、妊娠中の恋人と高級家具に囲まれながら過ごす
          加えて浮気性で、怪しげなクラブの会員(これがポイント?)でもある



ざっくりした映画の内容は、

アダムが同僚に勧められた映画を観ていると、そこには自分そっくりな俳優が。。。

アダムは彼が気になって調べていくと、顔だけではなく声や生年月日までもが同じことが判明っ。

そしてアダムはアンソニー(俳優)に接触を試みる。

アダムとアンソニーはお互いに素性を明かし合う内に、それぞれ相手の恋人に興味が湧いていく。

しかし、女性の力なのか、彼が本当の彼ではないことにそれぞれの恋人が気づく。

その後。。。


という感じでしたね。


監督の自己満って感じが否めないですね
(同じ2014年にプリズナーズprisonersがあって、こちらが収入目的なのかな?)


自分の直感を過信するとこういう目に合うんだと覚悟しておいたほうがよさそうですね(涙)




総評(10点満点)
設定  :4
話の展開:3
ワクワク:6
ウルウル:2
わはは :3


ではでは


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ザ・ギャンブラー [洋画ドラマ]

gambler.jpg


原題:the gambler
日本公開日:未公開(アメリカでは2014年)
製作国:アメリカ
監督:ルパート・ワイアット(Rupert Wyatt)
主演:マーク・ウォールバーグ(Mark Wahlberg)



ディパーテッド(2006年)やテッド(2012年)で印象に残る役を演じていた

あのマーク・ウォールバーグが出演しているので、鑑賞決定っ。


ギャンブル依存症の男が依存を乗り越えるまでの葛藤を描いていますが、

特に感動する話ではありませんでした。


カジノのシーンから始まるのですが、

・題名通りカジノでのし上がっていくか

・借金まみれになるが最後にギャンブルで逆転するか

どっちかのストーリーだろうなあと思いながら、わくわく鑑賞。。。
(パケ裏面を読まずに観はじめています)

うーん、やはりそのどちらかの流れでした(涙)


加えて、主人公ジム(マーク)の家族構成が、なんともまあ特殊(叔父がやくざ・母が超リッチ等)で

ある意味映画らしい(現実的ではない)設定なのがよかったです。


そして、その設定に恋愛要素、しかもっ!教授と学生という関係の恋愛も取り入れてくるなんて。。。

欲張りな方ですね、ルパート監督。


これを観ての学びは。。。「ギャンブルには気をつけろっ(棒)」


たまにはこういう「グッとこない」作品もいいですね(涙)




総評(10点満点)
設定  :5
話の展開:4
ワクワク:3
ウルウル:3
わはは :3


ではでは


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アイアンマン3 [洋画SF]

iron man3.jpg


原題:iron man 3
日本公開日:2013年
製作国:アメリカ
監督:シェーン・ブラック(Shane Black)
主演:ロバート・ダウニー・Jr.(Robert Downey, Jr)
グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)



大好きなアメコミの作品、第3弾!

これまでの2作品との比較はつまらないので、この単体作品として観てみました。


今回は、主人公トニーにとって過去の些細な出来事(科学者を邪険に扱うこと)が、

大きな災いとなって大切なもの・人に襲い掛かってくる。

その災いを払拭するために、過去にとらわれず、ゼロから考え直そう。

そして最後には、過去に乗り越えられなかった壁も、今なら乗り越えられるっっ。

。。。と、そんな感じのあらすじです。


トニーはスマートでリッチでモテモテな上に、地球の平和までも守るというナイスガイですが、

今作品では彼もやはり一人の人間だという描写が強く表現されています。


ふわっと内容を書きましたが、個人的には満足できました。


アイアンマン全3作を通して、

「自分のやることには最後まで責任を持つ必要性」を、改めて認識しました。



主演ロバートダウニーJr.は、ハリウッド版高田純次って感じがしますが、

好きな俳優の一人です。年を重ねる毎にシブさが増してきて、より素敵になっていますね。

そして、ローズ大佐役のドン・チードルですが。。。




前のテレンス・ハワードのほうがよかったーい。(この人ね↓)
テレンス.jpg


やはり軍の大佐にしては、体つきがテレンスさんのほうが役にハマっていた気がします。
(冒頭で前作品と比較しないと言いましたが、これだけは言いたかったです。。。)


何はともあれ、アイアンマンシリーズは、楽しくわくわく観れる作品です。



総評(10点満点)
設定  :8
話の展開:6
ワクワク:7
ウルウル:4
わはは :6


ではでは



nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハーフ・デイズ [洋画ドラマ]

uncertainty.jpg

原題:uncertainty
日本公開日:2009年
製作国:アメリカ
監督:スコット・マクギー (Scott McGehee)、デイビッド・シエゲル(David Siegel)
主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt)
リン・コリンズ(Lynn Collins)



パッケージ裏面の説明にそそられて、わくわくしました。

主人公たちが橋の中心で、もしも右へ進むと。。。もしも左へ進むと。。。

という、2種類の物語(緑色(G)と黄色(Y))が並行して進んでいきます。

それぞれの概要は、

G → 一見幸せそうに見える家族でも、親子の悩みや結婚・妊娠への不安等、
    当人にとって苦しいことがいっぱいありまっせ

Y → 金に対する欲望に負けて動いた結果、命を狙われることになったった

て感じでした。


最後まで見て内容をまとめると、

「どんな道に進もうとも、辛いことや楽しいこと、悩むことはあるから、がんばろう」ってことかな?


主人公の俳優ジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、何かで見たことあるなあと思っていたら、

インセプションとかダークナイトライジングとか、ヒット作にいっぱい出てる方でしたね、ふむふむ。


主演女優リン・コリンズは、ウルヴァリン X-MEN ZERO に出てましたね、ローガンの恋人役う

ヒュージャックマンの恋人役なんて、うらやまですよね。


キャストは好きですが、期待を上回る作品ではありませんでした。。。残念




総評(10点満点)
設定  :7
話の展開:3
ワクワク:3
ウルウル:2
わはは :2


ではでは



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アップサイドダウン [洋画SF]

upside down.jpg

原題:upside down
日本公開日:2013年
製作国:カナダ・フランス
監督:フアン・ソラナス (Juan Solanas)
主演:キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)
ジム・スタージェス(Jim Sturgess)


この映画の世界は、重力が上下?にあり、空にも地面が存在しています。

上の世界は裕福で、下の世界は貧困(上の世界が資源を搾取)という、ありがちな設定。

それぞれの住民は上下の行き来は自由にできないルールがあります。


主人公のアダム(ジム)とエデン(キルスティン)は幼少時代、

それぞれの世界の丘に登った時に出会い、そこで惹かれ合っていきました。

ある日、アダムはエデンを下の世界へ誘いロープで持ち下げていたら、

運悪く警備員に見つかり、誤ってエデンを上の世界に落としてしまいました。

アダムはその後エデンとも会えなくなり、唯一の肉親であった叔母とも引き離されてしまいます。


それから10年、アダムは下の世界の工場?で働きながら若返りの薬を発明していると、

テレビにはエデンが映っていました。(その企業は、唯一上下の世界を行き来できる)

アダムはその企業に就職するために、若返り薬をタネに見事入社できました。


入社できたのは良いものの、大企業なのでエデンと容易に会うことができません。

オフィスで出会った友人ボブの助けがあり、何とかエデンと再会できました。が、しかし、

エデンは10年前にロープから落ちた影響で、記憶喪失になっていたのです。。。


そこからが、無理やりまとめた感じの流れになっていて、最終的にハッピーエンドですが、

個人的にはイマイチでした。



総評(10点満点)
設定  :8
話の展開:4
ワクワク:4
ウルウル:4
わはは :2


ではでは




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。